未分類

沖縄のホエールウォッチング確率が高い時間帯とシーズンをご紹介

沖縄のホエールウォッチング確率はほぼ100%!

沖縄の海でホエールウォッチング
ホエールウォッチングを楽しみたいなら、日本国内では「沖縄」がおすすめ!

なんと!沖縄で開催されているホエールウォッチングツアーの多くが遭遇率98%

沖縄まで足を延ばしてホエールウォッチングをするなら、何としてもクジラに会いたいですよね。

沖縄にはホエールウォッチングを手軽に楽しめるスポットが2つあります。

沖縄本島の

ホエールウォッチングの本場で高い確率でクジラに出会えます。

ホエールウォッチングができるのは12月後半から3月末までですが、特におすすめのベストシーズンが真冬の時期1月~3月です。

その遭遇率はなんと98%!

クジラが観られる確率と時間帯は関係あるのか?

クジラとの遭遇する確率と時間帯には関係があるのでしょうか?

ホエールウォッチングツアーには午前便と午後便がありますので遭遇率などの違いが気になる方も多いのではないでしょうか?

クジラを観ることが出来る確率は時間帯にによってはほとんど変わりません。

午前中も午後も同じと考えていいでしょう。

なのでツアーを午前便にするか、午後便にするかかは日程やスケジュールをもとに決めるといいでしょう。

沖縄の海はクジラ遭遇率98%驚異の高確率の理由は?

那覇-慶良間のホエールウォッチングツアーでクジラを見られる確率は、
なんと98%

なのでほぼ100パーセント!クジラを見られるということです。

沖縄には毎年、冬になるとクジラが多数訪れます。

海水温が高く温暖な沖縄近海の海は、出産や子育てをするのに適しているんです。

那覇-慶良間には毎冬クジラが多数訪れるため、クジラを見られるチャンスも多いというのが、遭遇率が高い第一の理由です。

悪天候の時化や強風や波高などの場合を除けば、ザトウクジラとの遭遇率がほぼ100パーセントというのです。

また、各ツアー会社はお互い協力して

日々クジラの出現場所などの情報を共有して

クジラと遭遇できる確率を高めるているんですね。

なので沖縄のホエールウォッチングは

日本で最も高いクジラとの遭遇率を誇ります。

 遭遇率No1沖縄のホエールウォッチングのベストシーズンはいつからいつまで

ホエールウォッチングは沖縄の冬を代表するアクティビティです。

12月下旬~4月上旬までの期間限定で楽しむことができますが、

最も遭遇率が高いベストシーズンは1月〜3月です。

クジラと遭遇できるシーズンは国内の地域によって変わります。
沖縄をはじめ国内では以下の5つの地域で各シーズンにクジラを観ることができます。

  • 北海道のホエールウォッチングのベストシーズン   3月~10月
  • 小笠原諸島のホエールウォッチングのベストシーズン 2月~4月
  • 高知県のホエールウォッチングのベストシーズン   7月~9月
  • 奄美大島のホエールウォッチングのベストシーズン  2月〜3月

なかでも沖縄と奄美大島で観られるクジラの数は国内でも有数のポイントです。

沖縄で観られるクジラの種類は?

沖縄で観られるクジラの種類は北の海から慶良間諸島に南下してくるザトウクジラというクジラです。体長約15メートル、体重は約30トンという大型のクジラです。

ザトウクジラの行動パターンで有名なのが潮を吹くブロウやジャンプ(ブリーチ)のアクションです。

大迫力のアクションは観るものを楽しませてくれます。

沖縄でザトウクジラが観られるのは慶良間(けらま)諸島や、伊江島(いえじま)周辺などが近年のスポットとなっています。

赤ちゃんクジラとの遭遇率は

ザトウクジラの生息域は北のアラスカ海域です。

そして秋口から出産と育児を温かい沖縄近海で行うため9,000キロメートルもの距離を南下してきます。そして沖縄で運が良ければ、お母さんクジラと一緒に泳ぐ生まれたばかりの赤ちゃんクジラを見ることができます。

ホエールウォッチングの出発場所と時間帯について

出航場所によるツアーの時間帯

那覇発

那覇市内宿泊で出航場所が近い 人気

送迎付きのプラン

空港からも近い

到着日や帰着日にも参加が可能です。

北谷発(北谷町エリア)出航

西海岸のリゾートエリアに宿泊 出航場所(集合場所)近いという点で、 人気
西海岸でのアクティビティや観光を組み合わせちゃ日程が組みやすい。

北部発(本部町エリア)出航

ですが近距離でクジラを見たい方におすすめです。ホエールウォッチングの船が多くないこともあり、クジラへ接近できる確率が比較的高い

美ら海水族館のすぐそばの港から出航

水族館に行く予定の方には特におすすめ

アクセスに便利な那覇発着の“ホエールウォッチングツアー”。予約すれば那覇市内のホテルへ無料送迎もしてくれます。

移動時間が少なくたっぷりクジラを観察できる!

伊江島ホエールウォッチング|本部町出発

伊江島周辺でホエールウォッチングをできるのが「シーワールド」が開催する“半日ツアー”です。

ホエールウォッチングの本場・座間味のクジラに会いにいこう!|座間味島出発

座間味島で「マリンショップハートランド」が開催する“ホエールウォッチングツアー”には、なんと体験ダイビングがセットになった見どころいっぱいのツアーがあります。

 

ホエールウォッチング1日の流れ

出航から帰港までの流れ

寒さ対策

船酔い対策は万全に

沖縄でも冬の海上は寒い防寒着と酔止めは必須

「全額返金保証」万が一の確率でクジラが見れなかった時の保険

クジラとの遭遇率ほぼ100%といっても、海が時化で見れないことも考えられます。

「全額返金保証」はそれだけ高確率でクジラと遭遇できる自信の表れです。

沖縄の海水温は他の地域と比べて高いこともあってか、

遭遇率が高いとはいえ、稀にクジラと出会えない場合もあります。

大海原で野生の生き物であるクジラを見つけるには、やはり経験とコツが必要です。

非常に高い確率でクジラに出会える時間帯とシーズンをご紹介

ほとんどのツアーは万が一クジラと出会えない場合はツアー料金を全額返金する「全額返金保証」サービスを行っていますので参加する前に確認しておきましょう。