旅行記

クマヤキ 「あいおい」値段は1個150円で美味かった

クマヤキ あいおい

阿寒湖から網走へ

何度やっても、iPadから車のBluetoothにつながらず音楽が聞けない。しかたがないのでiPadでそのまま音楽を流しながら網走へ向かう。

途中、トイレ休憩の国道240号沿いの「あいおい」の道の駅でクマヤキなるものを発見。そのクマヤキがすごい。相生道の駅中クマヤキなんです!(写真をご覧ください)

「あいおい」道の駅で休憩

途中、阿寒湖から出て釧路と網走を結ぶ国道240号沿いにある「あいおい」というところでトイレ休憩

最初に目についたのは列車の車両と相生鉄道公園。かってはここにも列車が走っていたんですね。道の駅「相生(あいおい)」には旧国鉄北見相生駅を利用した展示館があります。

道の駅 あいおい 相生物産館
休館日
年末年始、毎週火曜日
開館時間
9:00~18:00(5月~10月)、9:00~17:00(11月~4月)
住所:網走郡津別町字相生83番地の1
電話:0152-75-9101

道の駅 あいおい 相生物産館には相生で採れる様々な食材があります。名物クマヤキもありますので阿寒湖に往くなら是非寄りたいスポット

ご当地グルメのクマヤキが食べられる北海道網走郡津別町 道の駅相生の地図

あいおいのグルメ?クマヤキって何

そして、次に目についたのがクマヤキ?の黄色いのぼり

至るところに「クマヤキ」ののぼりやポスターが?いやポスターだけではない

  • お土産のTシャッもクマヤキ
  • ジュースの自動販売機にクマヤキ
  • カーリングの女性選手もクマヤキ
  • 異常なくらいどこもここもクマヤキ

「クマヤキ」っていったい何?

クマヤキのTシャックマヤキのTシャッ

 

クマヤキとはクマの形をしたどら焼きのようなお菓子

クマヤキはタイヤキと同じで
クマの型を形どったたい焼き風のお菓子です。

たい焼き(タイヤキ)が鯛の形

クマヤキが熊の形

シンプルなネーミングなんです。

カーリングカーリングの女子 こちらもクマヤキの宣伝

 

相生(あいおい)のご当地グルメ「クマヤキ」

クマヤキのお店宣伝のわりには肝心のクマヤキのお店は目立たない

 

で、そのクマヤキってどこで売ってるの?道の駅にはおいてなかった?どこにあるのか探してみたところ道の駅の外

ここでクマヤキが作られている。

クマヤキのお店があいおいの道の駅の横にあったので、どんな味なのか
1個買ってみた。

クマヤキのメニューは4種類

お店をのぞくとメニューがあって

  • ヒグマ(つぶあん)
  • ヒグマ(豆乳カスタードクリーム)
  • シロクマ(つぶあん)
  • ナマクマ(つぶあんと生クリーム)

値段は1個150円

どれにしようか、迷いに迷ったあげくヒグマ(豆乳カスタードクリーム)を買って車の中で食べてみたけどちょうどお腹も空いていたし美味しかった。

それもそのはず、クマヤキの材料はすべて北海動産の素材を使い丁寧に手作りで作られています。

  • 北海道産の小麦粉
  • 自家製豆乳
  • 北海道産の小豆100%

 

また、独特のイラストも津別町出身の大西重成さん(イラストレーター)が考案されたそうです。

この味とインパクトのあるイラスト

それにしつこいくらいの宣伝

その効果もあってでしょうか、あとからクマヤキって調べてみたら大人気商品だそうですよ。

東京などの北海道物産展の催事でクマヤキの実演販売すると即売り切れの連発。しかも通常はここ北海道の相生でしか食べられない

偶然にもちょっと寄った相生道の駅で食べることができてよかった!

紙の袋に入ったクマヤキ 元祖の印字がある。

豆乳いりのカスタードクリームの味が良かったクマヤキ。かわいいクマの姿に一瞬食べるのを躊躇する。頭からがぶりとゆくか?お腹わわって2つにして食べるか?

女満別の駅

阿寒湖から相生を通り、女満別近くまできたら晴れてきた!寒さも和らいで北海道らしい風景に写真をパチリ

女満別駅や多くの車が止まって写真を撮っている畑の中の木にも注目

女満別駅女満別駅

まとめ

クマヤキは北海道相生(あいおい)のご当地グルメとして人気
熊の形をしたスィーツとして人気
種類は4種類で値段は1個150円で美味かった

  • ヒグマ(つぶあん)
  • ヒグマ(豆乳カスタードクリーム)
  • シロクマ(つぶあん)
  • ナマクマ(つぶあんと生クリーム)

道の駅 あいおい 相生物産館で食べることができます。

道の駅 あいおい 相生物産館
休館日
年末年始、毎週火曜日
開館時間
9:00~18:00(5月~10月)、9:00~17:00(11月~4月)
住所:網走郡津別町字相生83番地の1
電話:0152-75-9101