秋の歳時記

セコ蟹(香箱ガニ)の魅力 カニ味噌・内子・外子の美味しい食べ方

セコガニはメスのズワイガニですが、香箱ガニとも呼ばれています。オスに比べれば体が小さく、身としては食べられる部分が少ないのですが、カニ味噌が絶品です。

セコガニのカニ味噌の美味しい食べ方
レシピをご紹介します。

<スポンサーリンク>

セコガニ漁獲時期は、わずか2ヶ月間

資源保護のためズワイガニの親ガニであるセコガニの漁は毎年11月から12月の2ヶ月間のみ行われます。セコガニは冬の山陰・北陸地方の希少な旬の食べ物です。

セコガニでしか味わえない絶品が3つあります。

セコガニの人気理由

オスの松葉ガニより価格が安いセコガニですが、セコガニでした味わえないものがあります。

なんと言っても

  1. カニ味噌がたっぷり
  2. 内子
  3. 外子

この3つがセコガニの魅力です。

茹でセコ蟹(香箱ガニ)のカニ味噌が絶品

ボイルしたセコガニは味噌たっぷりで甲羅を割ってそのまま食べるのがベスト

たっぷりのカニ味噌が楽しめます。

そして蟹好きを虜にするオスにはない「内子」「外子」! これがセコガニの魅力

カニ味噌

セコガニのカニ味噌は絶品

ボイルしたセコガニの小さな甲羅の中にはぎっしり・』たっぷり濃厚なカニ味噌がつまっています。珍味としてお酒の肴にもバッチリ合います。

カニ味噌とは

かにみそは「蟹の内臓」に当たる部分で人では肝臓に当たる部分です。魚介類は肝臓:キモが好んで食べられますが蟹も例外ではありません。

ボイル仕立てのセコガニのカニ味噌は絶品

カニ味噌の色は鮮度や餌の違いで変わってきます。また
カニ味噌にあたる内臓は栄養を分解・吸収する重要な器官です。

エネルギーを大きく消費するや脱皮後や産卵後には味が悪くなってしまいがちなので注意が必要

内子

内子は
セコガニの未成熟卵。
甲羅の中、カニ味噌の近くにあります。

内子もカニ味噌同様濃厚な味が楽しめます。

外子

外子は成熟した受精卵です。

セコガニの体の外にへばりついています。
プチプチの食感が楽しめます。

<スポンサーリンク>

カニ味噌を美味しく食べるレシピ(調理法)

旬のセコガニを美味しく食べるレシピの紹介です。

ボイルでカニ味噌を楽しむ

カニ味噌を楽しむなら
ボイル【浜茹で】がおすすめ。

蟹の身や内子もカニ味噌と和えて食べる。
セコガニだけの贅沢な食べ方です。

また、食べた後の甲羅にお酒をいれて飲むとお酒にカニ味噌の風味がほんのり混じり楽しめます。

セコガニ味噌作り

セコガニ味噌煮は保存食

作り方

セコガニの殻ごとぶつ切りにする
腹部にある卵の外子や甲羅の内側にある卵巣の内子と一緒に酒やみりんなどを加えて煮込む。
カニのうま味がしっかりと出た味噌煮が完成

かにみそ > 子持ちセコガニの味噌煮込み

セコガニの味噌汁

カニ味噌ごと、味噌汁に入れてダイナミックに食べる。

セコガニ1杯で作る美味しい味噌汁

2人前作り方と材料

セコガニ   1杯

みそ 大さじ2
和風だしの素  小さじ1
水 500ml
小ねぎ       適量

セコガニの旨味たっぷりのお味噌汁 作り方

1. 水500mlを鍋に入れて火にかる
2.和風だしの素で出汁をとる
(好みに応じで昆布等を入れて出汁をとってもOK)
3.ボイルしたセコガニを縦半分に切る
4.セコガニを鍋にに入れ、沸騰させる。
5.アクが出たら取り除く
6.味噌を入れで火を止めネギを入れたら完成

<スポンサーリンク>

まとめ

漁の解禁がわずか2ヶ月のズワイガニのメスのセコガニ
たっぷりのカニ味噌は魅力いっぱい

セコガニのカニ味噌を美味しく食べる方法

浜茹で【ボイル】でそのまま
甲羅酒
カニの味噌煮込み
味噌汁

様々な食べ方が楽しめます。

<スポンサーリンク>