旅行記

知床ウトロと羅臼間 知床峠は霧と動物注意!知床横断道路・国道334号を往く

斜里町の動物はシマフクロウ

知床 ひとり旅 宿と世界遺産・野生動物の撮影に感激の旅

知床半島 世界遺産そしてそこに生息する野生動物をカメラに収めたいと思って男ひとり北海道の旅にでたのは8月21日

女満別空港からから車での道東の旅は北見と網走で一泊、そして憧れの知床に向かったのは8月24日しかもあいにくの雨

はたして、宿泊の「鷲の宿」で狙う絶滅危惧種のシマフクロウは姿を見せてくれるのだろうか、またヒグマやオジロワシの撮影は、

天気が気になるけどまずは網走から斜里町を経てウトロに

<スポンサーリンク>

羅臼とウトロ間の交通情報【知床峠の霧と動物には注意】

知床峠の霧霧で視界が悪い知床峠暗くなったらほぼ視界ゼロで怖い

 

羅臼とウトロ間は知床峠を通ります。

通常は車で片道約40分くらい

この日は知床峠を一往復半

昨日シマフクロウが現れてくれればウトロでゆっくりできたのですが、、、

今回は17時に、羅臼リンクルのヒグマツアーを終えて
ウトロの北こぶしまで戻って夕食をとってまた羅臼の鷲の宿までシマフクロウの撮影に戻り、またウトロまで戻るというハードスケジュール。

しかし知床峠を通るときには注意したいものが2つあります。

それは、霧と動物の飛び出し。

知床峠の標高は?

知床峠の標高と駐車場

知床峠(しれとことうげ)は、目梨郡羅臼町と斜里郡斜里町の境にあります。

知床横断道路と呼ばれる国道334号にあり知床峠の標高738 mあります。

北側(ウトロ側)はオホーツク海に面し、南側(羅臼側)は根室海峡に挟まれている知床半島です。

これくらいの高さになれば霧が多いのも当然でしょう。 天気が良ければ知床峠から羅臼岳や樺太を見ることができますが今回はそうもゆきませんでした。

知床峠の駐車場

知床峠のある国道334号はドライブコースとしても人気が高く、峠には大型の駐車場と売店やトイレがあります。

<スポンサーリンク>

知床峠の展望台からは樺太が見える。

知床峠から見る北方領土

 

知床峠展望台からは樺太が見える

天気が良ければココ知床峠の展望台からはロシア領の樺太が見えます。

霧であいにく見えませんでしたが
こんなに樺太が近くにあるなんて、改めて驚き

知床峠 ギンザンマシコ

これも知床峠近くに生息する珍しい鳥ですが、あいにくの天気でその姿を拝むことはできませんでした。

知床峠の霧は本当に怖い 注意が必要

鷲の宿シマフクロウは現れず2日目も結局シマフクロウは現れず

 

羅臼からウトロへ

18時くらいの知床峠は霧で視界がほんの数メートル。

ライトをつけても真っ白でカーブでは道がどこにあるか全くわからない。

歩くのと同じくらいの速さで車を運転したけど本当に怖かった。

なんとかウトロに着いて

夕食をとったあとは雨が強くなり羅臼までまた知床峠を通るのが憂鬱でした。

ウトロを出たのが19時半くらいだったでしょうか

知床峠の随分手前で霧で真っ白、雨も強く真っ暗で、、、行き交う車もなくさらに怖かった。

引き返そうにも後ろも真っ白

なんとか通常の倍以上の時間をかけて羅臼の鷲の宿にたどり着いたのが21時過ぎ

鷲の宿では残念なことに、今回もシマフクロウは現れず。

<スポンサーリンク>

知床峠の通行止め期間は

今回は夏の期間の知床の旅はウトロと羅臼を行きできたのですが、冬の期間や春先は知床峠は凍結で通行止めになります。

知床峠を通る国道334号知床横断道路は冬11月から春(5月)にかけて通行止めとなります。

知床峠の通行止め期間 2019年の情報です。

国道334号知床横断道路(知床峠)は、令和元年11月6日(水曜日)17時00分から冬期全面通行止めとなっていました。 令和2年5月25日(月曜日)10時00分から終日通行可能となりました。

ウトロと羅臼はこの期間は分断された状態で、迂回すると2時間~3時間ほどかかるようです。冬の期間、厳冬の中の知床も興味がありますが、知床峠が通行止めの期間はウトロか羅臼のどちらかしか訪問できそうもありません。

ちなみに空港はウトロであれば女満別、羅臼であれば標津空港になります。ここでも空の便も知床峠の通行止めが影響してきます。

知床 峠 通行止め

・帰りの知床峠も霧が

知床 峠 星空

鷲の宿を23時くらいに出てまたウトロへのドライブ。また霧が出ているのではと少し憂鬱でしたが、先程の雨も止んで空には月が出ていました。

知床峠の少し麓ですが晴れていたのできれいな満点の星空が見れました。月が出ていなければ凄い星空だったかもしれませんが、峠に近づくにつれてやはり霧が出てきました。

知床峠のヒグマ(熊)動物に注意

麓の道路ではキタキツネの暗闇の中で舞う蝶々のような目を目撃。

そして道路上にたたずむ大きなエゾシカのオスも目撃

早朝にはこの知床峠への道もヒグマがよく通るらしいです。

知床峠の麓では霧も晴れて星空が本当に美しく晴れたらこんなにいいところだということが始めてわかった旅でした。

 

<スポンサーリンク>